ボトルの材質による違い

ウォーターサーバーのボトルの材質は、主に3つの種類があります。一つ目は硬質プラスチックで、外の空気が入りにくい構造になっており、大半のウォーターサーバーで使用されている種類といえます。材質は柔らかく、使い捨てができることから衛生的という点がメリットです。半面処分が面倒という点がデメリットとなります。 二つ目が厚手ビニールパックです。多少の衝撃でも破裂しない強度を持った厚手のビニール袋に水をパックしたもので、使い捨てで衛生的といえます。軽く扱いやすいですが、水の容量が少ない点がデメリットです。三つ目がガロンボトルです。頑丈で再利用を前提としたボトル種類といえるでしょう。ごみが出ず、環境にやさしいく、価格も安いですが、衛生面での不安やかさばるといった点がデメリットとなります。

ボトルの利用方式による種類分け

ボトルの材質ではなく、ウォーターサーバーへの取り付け方や交換頻度などの利用方式による種類分けもあります。こちらの種類分けは大きく2種類に分けることが可能です。一つがリターナブル方式です。リターナブル方式とは、使い切って空になったボトルを滅菌消毒して再利用する方法で、業者がボトルを回収しに来ます。ゴミが出ずに環境にやさしいという点がメリットですが、ボトルを保管する手間があります。これにはガロンボトルが使われることが多いです。 もう一つがワンウェイ方式です。ペットボトルと同じように使い切った後は、ボトルを処分するタイプの種類といえます。硬質プラスチックか厚手ビニールが使用されることが多いです。使いきりなので衛生的という点でメリットですが、価格が高くゴミが出てしまいます。

赤ちゃんのミルク作りには新鮮な水が欠かせません。ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに導入すれば赤ちゃんの飲むミルクも安心、安全です。